アンダーヘアの処理

アンダーヘアは自分で処理すると。。。。。

アンダーヘアは自分で処理すると、肌荒れや腫れ、埋もれ毛、色素沈着などが起こりやすくなります。
デリケートな部分であるため、そういったトラブルは避けなければいけません。

 

こんなとき便利なのが、医療機関でのレーザー脱毛です。

 

これは医療行為とみなされているため、医師や看護師が常駐している場所でしか受けられません。

 

レーザーを肌に照射することで、毛根部分だけを破壊していく方法であり、皮膚自体にはダメージはありませんので肌を守りながらの施術が可能。

 

 

また、何らかの事情で問題が起こった場合でも、知識のある医師がすぐに対応してくれますので、その点でも安心できます。
脱毛によるトラブルを最小限に抑えるためにも、このような医療機関での施術を選ぶことが大切なのです。

 

アンダーヘアが濃い方はよくカミソリを使い処理をするという方もいます。しかし、このカミソリを利用することでの悩みとして、毛が生えてくるとチクチクするといったことではないでしょうか。このチクチクする原因として毛が剃った毛の先端がとがってしまっていることが挙げられます。ハサミやカミソリで剃ってしまうと毛の先端がとがってしまい、毛が伸びてくるとチクチクするといった症状が出てきます。

 

また、毛の少ない人は毛抜を使い抜いてしまうという方もいるようですが、この方法だと埋没毛の原因ともなりお勧めできません。

 

アンダーヘアの基本的な処理方法としては専用のカッターを使い毛の先端がとがらないようにカットするか、
エステサロンやクリニックなどの専門機関で脱毛をする方法です。専門機関での脱毛が最も安全で安心できる方法です。

 

キレイモやミュゼでの施術も安心。レーザーは痛みがあるので、
痛くないVIO脱毛なら宇都宮のキレイモ、ミュゼを選ぶといいでしょう。

ミュゼは宇都宮に3店舗

関連ページ

VIOアンダーヘアの脱毛|脱毛サロンと自己処理のコツ
気になるVIOアンダーヘアの脱毛。脱毛サロンと自己処理のコツについて
家庭用脱毛器でもデリケートゾーンのアンダーヘアの脱毛処理は可能?
家庭用脱毛器でもデリケートゾーンのアンダーヘアの脱毛処理は可能?火傷(やけど)は肌トラブルが多いと聞いてますが大丈夫??
デリケートゾーン脱毛処理と痒み(かゆみ)対策※陰毛かゆい
デリケートゾーン脱毛処理と痒み(かゆみ)対策。陰毛かゆいときには
VIO(ビキニ)ラインを処理すれば下着もビキニ(水着)も楽しめる
VIO(ビキニ)ラインを処理すれば下着もビキニ(水着)も楽しめるので、アンダーヘアの脱毛処理はおすすめなんです
VIOライン脱毛と下の毛の処理は専門サロンで
VIOライン脱毛と下の毛の処理は専門サロンで施術した方がいい理由。効果メリットとデメリット
アンダーヘアの脱毛処理は恥ずかしいと悩む人も多いですが
アンダーヘアの脱毛処理は恥ずかしいと悩む人も多いですが、恥ずかしのは初回だけで、2回目からは気にならない方が多いのは
デリケートゾーン|陰部の周辺にあるムダ毛をなんとかしたい
デリケートゾーンについて。陰部の周辺にあるムダ毛をなんとかしたいなら